性的なことに昔から興味津々ないけない私です。

ペンネーム:まあ
年齢:26歳
職業:主婦

私は性的なことに昔から興味を持っていて、彼氏や好きな人がいなければ、わりと性に奔放なほうでした。

特にお酒を飲むようになってからは体を許すことが増えたと思います。

というのも、基本的に体を許せる男性はフィーリングが合うことが大前提です。
お酒を飲む場だと、そういった人によく出会えます。さらにお酒の力を借りるので、そういったことになりやすいと思います。

 

また、お酒の場は大人の集まりなので、会話の内容も大人向けのものになります。
時には性について男女交えて盛り上がることもあります。

 

そういったときに、お互い性について似通った考えだった場合、体を許しやすくなります。

 

私は筋肉などの筋フェチです。

腕や首筋など、流れるような筋肉が見える男性は非常に魅力的に見えます。
普段は「いい筋肉ですね」程度でとどめますが、そういった男性には体を許すことが多いです。

 

きっと、女性特有の守られたい願望がでていて、胸板の厚い男性や、筋肉がしっかりついていたりすると、そこに男性らしさを感じているのだと思います。

これが一番原始的な反応なんでしょうね。

スーツを着ていたり、メガネをかけていることで、誠実そうに見える人にも魅力を感じますが、やはりどちらかというと男性的な方のほうがいいと思います。

 

大前提として清潔感は重要です。

清潔感のない場合、どんなにフィーリングが合おうが、男性的な魅力があろうが、それは半減どころか、魅力は感じられなくなってしまいます。

要するに、清潔感のある、筋肉質な男性とお酒を飲んだ時、体を許すことが多いようです。

彼からアプローチされて嬉しかったです。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)


(↑画像をタップすると移動します)


今すぐ彼からアプローチされてみる♪

SNSでもご購読できます。