海でのナンパと運命の出会いで

ペンネーム:リンリン
年齢:29歳
職業:販売員

当時20歳、女子4人で泊まりで海に行きました。

海に到着し、10分もたたないうちに、10人グループくらいで来ている少し年上だろう男の人達にナンパされました。

 

まぁー、うるさいくらい明るい人達で、ワイワイするのも楽しいだろうと一緒に遊ぶことに。

海で遊び終えて、宿をとっていた私達はその男達と別れて宿に帰ることにしました。

いきなり部屋のドアが!

素泊まりだったので夜ご飯でも食べに行こうかと部屋から出ると、同じタイミングで隣の部屋のドアが開いてビックリ!!

海でナンパされてさっきまで遊んでた男達だったのです。

『えー!すごくね!!』『まぢ運命みたい~?』そんな言葉が次々に上がりました。

 

正直、4人のうち私ともう一人の友人(以下Aちゃん)は、ナンパ男達とこれ以上関わりたくなかったのですが、友人二人(以下Bちゃん・Cちゃん)がノリノリ!ナンパ男達もノリノリ!!

 

夕食を一緒にそしてお酒が入り・・・。

結局、夕飯を一緒に食べて、お酒を買って来て男達の部屋で一緒に飲むことになったんです。

そんなこんなで怖い話でもしよーかという流れになり、部屋の電気が消えました。

 

私とAちゃんは隣に座っていたので耳打ちしてもう少し様子見て先に帰ろうと約束しました。

 

怖い話が始まり、少ししたところでBちゃんと男がコソコソ話す声が怖い話に混ざって聞こえてきました。

その声はだんだんやらしい声に変わっていき、その声に触発されたCちゃんもお気に入りの男と始まっちゃいました。

 

暗闇でキス、そして。

私とAちゃんも隣に座ってた男に抱き寄せられたり、キスされたり…。

でもはなから乗り気じゃない私達は『空気読めなくてごめん!先に部屋戻るわ!!置いて行っちゃっていいんだよね?』とみんなに聞こえる声で言うとBちゃんとCちゃんは『うん!ごめんねー』と返事しました。

 

 

10人もの男の中に女の子二人を残すのは危険な気もしたけど、BちゃんとCちゃんの意思で残るなら仕方ないかと、先に帰ることに。

 

結局朝方になって私達は

朝方になってBちゃんとCちゃんは無事に帰ってきました。

乱行パーティーになるようなことはなく、BちゃんペアとCちゃんペアは男達がとっていたもう一つの部屋に移動して結ばれたみたいです。

 

その翌年、同じ海に同じメンバーで遊びに行き、一年前のナンパ男と運命的に再会!そこからCちゃんは去年結ばれた人と正式に付き合い、そして、現在Cちゃんはその人と結婚して、三人の子持ち。

 

奇跡的な運命にやられた!と言っています。

やっぱり女の子って運命とかに弱いんですかね?

守ってくれる男性と会えた

出会いSNS PCMAX(PCマックス)


(↑画像をタップすると移動します)


今すぐ守ってくれる男性と会う

SNSでもご購読できます。