本気でしかってくれる男性がステキな理由と理想の彼

ペンネーム:のあ
年齢:25
職業:フリーランス

本文:自分に自信が無くていつも男の人と話していても自分のことになるとネガティブな発言を言ってしまっていました。

「私なんか…」と後ろ向きな発言をした時に両手でしっかりと肩をつかんで「自分なんかなんて言っちゃダメだよ!」と面と向かって目を見ながら真面目に叱ってくれました。

今思えば叱ってくれたというより悟してくれていたように感じます。

この人なら私とちゃんと向き合ってくれると心から思えました。

唯一体を許せるというような今までに無かった安心感を覚えました。

今まで、私がデートをした男性達は私がネガティブな発言を見せることはあまりなかったです。

でも、それでもみんなそう言った場面では笑ってごまかしたりといった態度で私と向き合おうとしているようには見えませんでした。

男性と食事に出かけたりしても最後まで信頼出来ず、結局デートをしたり告白をされてもそれ以上の関係にはなれませんでした。

心のどこかでメンタル面で落ち込んでいたときに支えてもらえる安心感を探していました。

精神的に落ち込んだ時などにちょっとした一言で元気になることが出来ます。

男性に対して求めることが多いので理想の方を探すのは厳しいです。

男性に対して魅力を感じる機会

体を許してもいいと思えるほどの男性に今までほぼ出会ってきませんでした。

男性恐怖症ではありませんが、男性に対して魅力を感じる機会があまり多くありませんでした。

言葉の端々でその人の考え方が滲み出てきていて話しているうちに興味が失せてしまいます。

男性に対してあまり強い興味を持てないのは恐らく自分の中でのハードルが以上に高いからだと思います。

包容力があり連絡がマメな男性

理想の男性に対して求めることは、包容力があり、思慮深く、大変な状況でも問題を解決していく能力に長けている人が理想です。包容力があり連絡がマメな男性が良いですね。

過去のトラウマで自分から相手に対して恋愛感情で熱を持つことがほぼないので相手からの愛情が強くないと恋愛が成立しなのが今の自分のネックです。

私が信頼できる人でなおかつ私に一途な人だと心と体を許すことが出来ます。

恋愛に臆病なので愛するより愛されたいです。

SNSでもご購読できます。